About me

仕事依頼内容

美容ライター/エディター 夏目円

美容ライター/エディター 夏目円

 

○雑誌・広告・ウェブ媒体をはじめとした編集・執筆企画立案、構成、編集作業、 執筆作業全般に行います。

 

○美容業界のトレンド分析

 現在の美容業界のトレンドについて、アドバイスいたします。

 

○イベント・トークショーへの参加

 美容関連のイベントにおきまして、ビューティアドバイスいたします。

 

○カタログの作成

 美容関連のサロン、クリニックなどのカタログ作成・立案を行います。

 その他、美容関連での内容でしたらお気軽にご連絡ください。

Profile

大学卒業後、業界紙を経て、㈱角川春樹事務所入社。ティーン向け月刊誌「ポップティーン」編集部に所属。当時、コギャルブーム到来の影

響で部数が急速に増え、不眠不休の日々が続く。ファッション、ダイエット、ビューティ、カルチャーなど、ジャンルにこだわらず仕事をこ

なすものの、あまりのオーバーワークに体調を崩し初の円形脱毛症を経験。同僚に支えられるも、仕事量に耐え切れず、退社。

前職でお世話になったフリーライターの方に出版社を紹介される。急いで名刺を作り、“フリーライター”として活動をスタート。初仕事は、

宝島社「CUTIE」。当時流行っていた人気企画「キッズコレクション」で、全国のCUTIE読者に会いに行く。その他、ジャンル、雑誌を問わ

ず、依頼がきた仕事は何でもこなす、というスタンスに。

日本初の美容誌「ビーズアップ」創刊。まもなく同誌から仕事依頼が入り、本格的に美容ページを担当する。ここから数年後に、美容師ブー

ムが到来。この波に自身もうまく乗っかり、女性誌での美容ページが急増したことで、仕事量も倍増。おもに10代~20代の女性誌を担当す

る。

「ビーズアップ」の仕事をきっかけに美容関連の仕事依頼が増えたことから、肩書を“ライター”から“美容ライター”に変更。これを機に美容関

連の仕事以外は、いっさい受けないと強い決意を抱き、専門性を高める。その後も美容誌、女性誌の美容ページを担当する。

長女誕生。出産後すぐの入院中に仕事依頼の連絡が入る。原稿のみの内容だったため迷わず快諾。その1本の電話があまりにもうれしかったた

め、産休することなくそのまま仕事をスタート。仕事を依頼される喜び、意味を改めて実感する。

㈱オールアバウトにて、美容ガイドを担当。スキンケア、メイク、旬な美容情報など不定期に連載。また、同社ウェブサイト「ミーコ」にて、

美容企画の執筆を担当する。

㈱宝島社よりブランドムック「アヴェダ」を編集・執筆をすべてひとりで担当。人生2回目となる海外出張へ。アヴェダ本社があるアメリカ・ミネソタ州を訪れ、社長のドミニク・コンセイユ氏インタビュー、ラボ視察などを行う。帰国後、商品撮影、モデル撮影を行い、編集作業、

執筆作業を経て、出版。日本で一番、アヴェダに詳しい美容ライターと自負している。

㈱宝島社「スウィート」にて、美容担当編集の方とトーク形式で旬なコスメ情報を伝える「Precious Beauty NEWS」の連載ページがスター

ト。毎号1ブランドずつ取り上げ、新商品や歴代ヒット製品などを二人で試し情報発信。自身の似顔絵は、人気イラストレーターの平松昭子さ

んが担当。あまりのうれしさに、FACEBOOKで平松さんに感謝の意を伝える。

㈱第一三共ヘルスケア主催のイベントで、皮膚科医とトークショーを行う。前日まで緊張していたが、いざ本番になると想像をはるかに超えて

楽しいイベントに。文章だけでなく、話術も磨きたいと誓う。

初の40代、50代向け女性誌を担当。㈱宝島社「大人のおしゃれ手帖」美容ページを執筆。自分より上の世代の輝く女性の姿を見て、ますま

す美に対する探究心が深まる。同誌では、美容に特化したインタビューページ、メイクページなどを担当。

久しぶりにヘアカタログ本を担当。㈱宝島社 スウィート特別編集「マイベストヘア」では、憧れのモデルやタレントのヘア、メイクに近づく

「なりきりヘア」のページを編集・執筆。人気サロンの方々に助けられ、可愛いページに仕上がる。

Link

Ⓒ2014 Madoka Natsume  All rights reserved.